ウオの回遊日記

自由に日々を記録する

【やったこと】本を読む時間が無いと思っていたが、勘違いだった(1)〔ネット断ち決意編〕

本を読む時間が無い

長い間、中断したままの本が何冊かあった。そのうち読みたいと思っている本もあった。でも、読書は頭を使って疲れるから、時間に余裕のある時に、元気な時に読もう。そう思っているうちに何カ月も経っていた。

私は、いつになったら本を読むのか、と、しばしば悩んでいた。

不快なネットサーフィンに大量の時間を使っていた

悩みはもう1つあった。不快な気分にさせられるのに、ネットサーフィンをやめられなかった。見ていたサイトは、某掲示まとめサイト、ヤフーニュース、はてなブックマーク等。もちろん最初は面白い話題や、大切なニュースを目当てに読んでいた。

しかし気付けば、「〇〇が不倫」、「〇〇が問題発言で炎上」、「〇〇を使っている人はバカ」、「政府のコロナ対策は失敗」等々、不快な気分になる情報を見て、それらに対する人々のコメントを見て、私は日々、何時間もイライラしたり、悲しくなったり、不安になったりしていた。

楽しい暇潰しにネットサーフィンをしていたはずが、全く真逆の状態になっていた。

不快なネットサーフィンをやめた代わりに、取り組んだこと

よくよく考えてみると、誰が不倫しようが、差別だの問題発言だのをしようが、私の人生には全く無関係であった。コロナに関しては、関係はあるが、政府がどうしようと、従うところは従うしかないし、他人に迷惑をかけず、自分達の安全も守る基本的な対策の情報を仕入れたら、あとはもう、日々地道に過ごしていくしかない。つまり、政府への人々の意見を見て、いたずらに不安になっても、出来ることは限られており、何らメリットは無い。

だから、こんなストレスの原因にしかならないネットサーフィンはやめて、ずっと出来ていなかったことをしよう。
先日、そう決意し、行動に移した。

ネットサーフィンをやめて浮いた時間に、実際にやったことは次の通り。

勉強

以前から少しずつ取り組んでいたが、取り組む時間を増やした。

今は、JavaScriptJQueryの勉強中。学んだ内容は、このブログのカスタマイズに活かす予定。

取り組み方としては、片手間にしか勉強できない時は、参考書を読むだけに留め、じっくり勉強できる時には、PCを使って実際にプログラミングをしている。

読書

最もやりたかったことの1つ、読書は、ここ数カ月、勉強で読む参考書を除いて、一切取り組めていなかった。

いざ読書をしようとした時、どの本を読むか悩んだが、今最も興味があるジャンルの本に決めた。偶然にも、ここで選んだ本に脱・不快なネットサーフィンへ背中を押してもらうこととなった。

その本については、下記に記載する。

背中を押してくれた人と物

やりたいことを書き出した紙

1カ月ほど前、将来のやりたいこと・やらねばならないことや、今やりたいこと・やらねばならないことを考え過ぎ、頭の中が散らかりまくっていた。しんどくなり、「頭がいっぱい 対処法」みたいなワードで検索していた時、「ブレインダンプ」という方法を見つけた。
やってみたところ、次の効果があった。

 

【私が感じたブレインダンプの効果】

  • やりたいことがハッキリした
  • やりたいことの優先順位を決められた
  • 今やらねばならないことをこなしながら、合間の時間にやりたいことをやるにはどうしたらいいか、具体的な方法を考えられた
  • 少し頭の散らかり具合が改善し、モヤモヤが薄らいだ

 

紙に書き出したことで、やりたいことがハッキリし、不快なネットサーフィンを含む「無駄な時間」を消費している場合ではない、人生にそれほど時間は無い、と意識できた。

 

【参考サイト】

kinarino.jp

ROLANDさんのスマホの中身についての動画

youtu.be

上記の動画でアプリタイマーの存在を知った。ROLANDさんはiPhoneユーザだが、Androidにも同じ機能が無いか調べたところ、私のAQUOS sense2には既に備わっていたと分かった。
設定方法は、次回の記事に記載する。

 

佐々木典士さん著「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

以前、ミニマリストに興味があり購入していた。中断したままだったが、ネットサーフィンをやめた時間に読み始めたところ、情報との付き合い方に触れている箇所がいくつもあり、タイムリーだった。

 

honto.jp

次回〔ネット断ち実践編〕

次回では、具体的にどのようなネット断ちを実践しているか、書いていく。
次回の記事は、以下。

 

uosansan.hatenablog.com