ウオの回遊日記

自由に日々を記録する

【雑談】偶然そこにいるだけなのに、勘違いしている人々

SNSまとめサイトには、面白い話もあるが、不快なニュースも日々あふれている。いい加減ストレスを感じていたのでしばらく離れるよう努め、成功していたのだが、2~3日前から、刺激が足りなくなってしまったのか、また、つい見るようになってしまった。
そして先ほど、初めてニュースで見かけた日から私が心底嫌悪している人物の記事を見つけてしまった。画像付きリンクだと見たくない顔が表示されるので、文字だけのリンクで以下に貼る。

杉田水脈氏「LGBTは生産性ない」「民族衣装のコスプレおばさん」発言を撤回、謝罪 : はちま起稿

 

彼女に限らず、見かけるたびに思っていたことなのだが、「発言を撤回」は実際には出来ない。いちど発した言葉は相手の耳に、記憶に残るし、こうやってニュース記事にもされ、広く出回っていく。撤回は、消滅させる・取り消す、という意味のある言葉だが、発した言葉は消滅もしないし取り消せない。だから、「発言を撤回」したという誰かのニュースを見かけるたび、ばからしくて心の中で笑ってしまう。
まあ、本人達も実際に撤回できるとは思っていないかもしれない。あくまで、撤回します、と言って取り繕っておきたいだけかもしれない。

 

私は何の力も教養も地位もない、ただの1人の人間である。だから私がここで何を書いたところで、何の影響力も発揮できない。しかし、上記の杉田氏の発言「LGBTは生産性ない」から始まる数々の言葉をネットで見かけてきて、どうしても言いたいことが以前からあった。
ここは私の私的な日記も兼ねた弱小ブログだが、今日は私の怒りを昇華するために、「LGBTは生産性ない」という言葉についての考えを、今から書いていく。

 

結論から言えば、この記事の題名通り、「生産性ない」と他者を見下している人々は、「偶然そこにいるだけなのに、勘違いしている人々」だと私は思っている。政治家にも有名人にも、そしてネット民にも、たくさんの「勘違いしている人々」がいる。「LGBT」を「生産性がない」「国のためにならない」「自然の摂理に反している」と迫害する。また、今回の杉田氏の発言に出てくる「LGBT」だけではない。「非正規雇用者」や「有名大学を出ていない人」「精神病にかかってしまった人」を「負け組」「自己責任」「努力が足りない」と見下す。万人が想像するような「成功した人生」から外れている人々を笑う、そういう人々が軽はずみに発する言葉の数々をネットでたくさん見てきた。だから私はSNSまとめサイトから離れた。

しかし現実ではこんな差別は続いていき、無くなっていない。無くならないのは仕方ない。私にも差別意識はあるかもしれない。心の中の自由も守られるべきで、心の中では「同性愛者とか気持ち悪い」と思っていても、直接私に言ってこなければ、態度に出さなければ問題ない。心の中の差別意識は表に出さなければ分からないのだから、実は私の持つ属性を差別する人と対面しても、隠してさえくれればお互い平和に関係を続けられるだろう。

だが、杉田氏のような政治家が、差別発言を行い、そこに何の問題意識も持っていないことは問題だと思う。多様な人間の集合体である国の政治に関わっている人間が、国民の1属性を迫害するような発言を繰り返すのは、迫害してもいい、差別してもいい、という意識を社会に作りかねない。

杉田氏は恐らく異性愛者である。しかし、それは偶然だ。人は異性愛者になるか同性愛者になるか、または全性愛者や他の性的指向を持つ人になるか、それは選べない。学歴や職業や雇用形態は一見選べそうだが、経済的に難しくて断念することも、努力しても叶わないことも、様々な原因によって決まることが容易に想像できる。精神病にかかってしまうかどうかも、言うまでもなく運も関係してくる。

しかし、自分が高みにいると思う人々は想像力がないらしく、ただただ、その人に問題があると考え、その人の背後にあるだろう歴史を思いやったりしない。自分は様々な偶然でそこにいて、たまたま、自分がまさに今見下し笑い飛ばしている相手の立場に置かれなかっただけだとは思いもしないようだ。

そういう彼らの思いやりのなさ、想像力のなさが私は心底嫌いである。もう二度と顔を見たくない。この記事を書くために、見かけた記事を再検索して表示して、顔が出てくるだけで怒りがふつふつと湧き上がってくるのを感じた。これほどの怒りは数年に1度あるかないかくらいの強さである。もしかしたら杉田氏にしか感じないほどの、特別な怒りかもしれない。

とても疲れたので、この記事に吐き出して、少しはマシになったと思いたい。
今週末はいよいよ荷造りにも本気を出さねばならないので、今日は早めに寝ようと思う。

 

【日記】22/11/28:荷造りしたり病院に行ったり、悩んだり

先々週くらいから、いよいよ重い腰を上げて、荷造りが本格化してきた。昨日もほとんど荷造り、それ以外の時間は疲れ切ってピンと来ないままYouTubeを眺めて終わった。

 

舌にできものが出来たため、通院している矯正歯科から大学病院を紹介され、何回か行くはめになった。予約制なので予約をして、予約時間より30分以上も早めに受付を済ませても、予約時刻から30分以上は普通に待たされる。待たされる、という書き方も良くないとは思うのだが、待っている時のイライラを反映すると、待たされる、と書きたくなる。患者はいつ行っても多く、待合室の座席が埋まりきっていて座れないこともあった。
そういう時、スマホを見たりして暇つぶしするしかないのだが、近頃はスマホを見ることに飽きる瞬間というのがあって、若干困っている。あんなにスマホでネットサーフィンしまくっていた私が…という驚きと僅かな喜びも無くはないが。

こんな感じで自宅から遠い大学病院への通院は、待ち時間の長さと移動時間の長さ、そして担当の先生が平日しか診られないために、仕事を休まざるを得ない。今日もやむを得ず仕事を休み、朝もはよから通院した。幸い、舌のできものは悪性ではなく、今回で通院は終わりとなった。なんだかんだ不安ではあったので、これで安心して思う存分ごはんが食べられると思うと嬉しかった。

 

ここ数日、スマホやらYouTubeに飽きる瞬間が増えてきたせいか、考え事が増えている気がする。昨夜からは、引っ越しが終わったら本格的に始めたい趣味であるギターと作曲について、私なんかにできるのだろうか?というおなじみの恐れが、また頭をもたげている。できるのだろうか?いや、何も考えずに進めろよ、と何度も言い聞かせている。なかなか、この恐れは無くならない。頑固すぎて困ったものだ。

 

【日記】22/11/11:集合住宅にありがちな悩みとトラウマ、ノイキャンイヤホンのありがたみ

悩みに悩んだ引っ越し先もとうとう決まり、引っ越しまで1か月をきっている。
しかし今夜は、1か月もあるのか、一刻も早く出ていきたい、と思わせられる夜である。
集合住宅といえば、騒音、それが最も私にとって苦痛だった。
それほど頻繁ではないのだが、よりによって1週間の仕事の終わりという、最も疲れて安らぎたい時に、隣のお宅ではどうやらお子様にブチ切れているよう。ドカン、ドカン、と何かをぶつける音と、怒鳴り声が響いてくる。何を言っているのかまでは聞き取れないが、これらだけで、もう威力は抜群だ。先程からとてつもない不安と動悸に襲われている。

 

こういう時にも、ノイズキャンセリング機能の付いたイヤホンのありがたみを思い知る。昨年買ったSONYのWF-1000XM4はお守りのようになっている。不安で仕方がないこんな夜に、恐怖から逃がしてくれる。

ここの物件には、長いこと住んできた。その中でたびたび、今夜のように、怒鳴り声とドカンドカンという音、そして時には音響機器のズンズンという低音のような音が聞こえてきた。何度、怒鳴りこみに行きたくなったか知れない。

子育てをしていると怒鳴りたくなる場面は何度もあるだろう。私も、もし子供を持ったら、神経質な性格なので、許せないことがたくさん出てくるに違いない。
しかし、ここは集合住宅なのだ。隣に人が住んでいることを忘れないでほしい。とても迷惑だ。
また、ごく私的な感情を書けば、私はお隣さんのような怒り方が大の苦手・トラウマとも言える。理由は父がそういう人だったため、疲れて家に帰っても、安心できる時間がほとんど無かったからだ。本来、家というのは、外の世界で疲れて帰ってきて、心身を休ませるための場所である。そこが外と同じ、緊張を強いられる場所だった子供の頃は、不幸だった。
大人になった私と一緒になってくれた家族は、父とは正反対の、滅多に怒らない・しかも大切なのは、「怒っても理不尽ではない」人だ。父は、機嫌が悪くなっても、理由を何も言わなかった。よく分からない言葉をぶつけてくるか、そのへんのドアに当たり散らしたり、足を鳴らして歩く、そういう人だった。
だから、あの実家を出て、穏やかな性格の家族と出会えて、一緒になれたことは本当に良かった。今後も、静かで平和な家で暮らしたい。だから、早く引っ越し日が来てほしい。荷造りは全然進んでいないが…。次の家はありがたいことに戸建てだが、荒れた人がご近所にいないことを願う。

 

【日記】22/11/10:ものすごく気疲れした日

今の職場に入ってから、もう1年弱が経とうとしているが、その間ずっと悩んできたことがある。
1つは、雑談が上手くできないこと。もう1つは、苦手な上司がいること。

 

雑談が上手くできないことは、そもそも子供の頃から私の中で欠点だと思って治そうとしてきた。でも、今までのやり方が多分間違っていて、全く改善していない。そこで先月くらいに雑談力の本を買ったが、全然読んでいない。引っ越しが落ち着いたら読みたい。

人と一緒にいて、相手がつまらなそうな顔をしていると感じると、とても怖くなる。嫌われないか、退屈な奴だと思われないか、と焦って、変な話題を振ってしまったり、話したくないことまで自分のことを開けっぴろげにしてしまったりした。もう、そういう失敗は繰り返したくない。必要以上に相手に気を遣って、1人になった途端にぐったりして、もう何もやる気が出なくなってしまう、なんてしんどい生活から抜け出したい。

 

何回か転職してきたが、苦手な上司というのはいつも存在した。しかし今回遭遇した上司は、経験したことがないタイプだった。とにかく話が長いのに、内容が整理されておらず、頭の中の思考をそのまま出力しているように話す。だから、結局今日の打ち合わせでは何が言いたかったのか?そもそも、長時間の枠をわざわざ取って、複数人を集めてまで、急いでしなければならない話だったのか?毎回疑問と苛立ちが湧いてくる。
その人との打ち合わせがあるたびに、前日からとても憂鬱になる。それだけで、もう明日はめんどくせーな、全部放り出してーな、なんて思う。でもおとなしく出勤する。生活があるから。

 

今日はまだ時間が早いうちから眠気があり、至極面倒くさい歯列矯正中の懇切丁寧な歯磨きを早々に終わらせて眠りたい。ただ読書もしたいし、家族が帰ってきたら話もしたい。しかし、明日も仕事。だからそろそろ、身支度を始めなければならない。
でもやっぱり面倒くさい。とにかく本当に今日も疲れた。