ウオの回遊日記

自由に日々を記録する

理想と現実のギャップ

久しぶりにブログを書くが、とても暗い内容になる。
ここ数か月、仕事も私生活も多忙で、精神的に記事を書く元気がなかった。よりによって、愚痴・嘆きをぶつけたいがために、久しぶりにブログを書く気持ちになるとは、あってほしくなかった事だった。

 

タイトル通り、近頃は、理想と現実のギャップを、今まで以上に見せつけられる日々が続いている。
具体的には、家の購入である。
私は、中身のないブランド至上主義な考え方が嫌いだ。しかし、当の本人が、東京というブランドにこだわっていたのだなあと、家を探し始めて気付かされた。現実的に、予算の問題で、東京の家は到底購入できない。しかも、予算を出すのはほぼ100%、ほかの家族であるから、私があれこれ条件を付け、駄々をこねるのは、何様なのだ、という気持ちになる。しかし、家族は優しいので、「君がここで我慢して、いざ買ってしまってからストレスが爆発しては意味がない」「皆で住む家なのだから、希望条件を言う権利は誰にでもある」と言ってくれる。だから、私も色々と希望条件を考えるのだが、中々、これに該当する家は、今のところ見つからない。まだ家探しを始めて間もないとはいえ、ネガティブ思考な自分は、先行きが不安になってしまった。

 

中学生の頃、私は結婚せず、一生独身で、バリバリ稼いで、趣味に没頭し、楽しく自分の為に好きな事をして暮らそう、と決めていた。あの頃は、今よりもっと考えが足りなかったので、とにかくしゃかりきで働き頑張れば、そこそこ我慢せずに楽しく暮らせるのだろうと思い込んでいた。
実際は、そんなことはなかった。自分は思ったよりも随分と心身ともに弱く、しょうもない些細な他人の一挙一動で不安になり、仕事が終わった後も堂々巡りの悩みで時間を消費し、疲れ切って自分を成長させる取り組みもせずに家事と休息をしただけで1日を終え、その繰り返し、という、ただただ流されていく人生を過ごしていた。高給でもないし、貯金も日々の支出で減ったりもとに戻ったりを繰り返すのみで、人生でやりたいことリストのほんの一部を達成する事さえもままならなかった。お金の問題だけでなく、自分の限界を知るのが怖い、失敗が怖い、という長年の恐れからも、やりたい事に挑戦できないまま、悩むだけで日々が過ぎていった。

 

数か月前から、やっと、資金が貯まり家族からも許可が得られたので、人生でやりたいことリストのいくつかを、実行に移せている。それも犠牲が大きく、得られるものも大きいが、一気に今までの貯金がほとんど消え、心もとない金額になった。もっと自分に稼ぎがあれば、強い人間であれば、と思った。 家も同様である。私が理想の自分であれば、もっと選択肢が広がり、希望条件通りの家に住めただろう。そう思うと、今の自分がしょうもなさ過ぎて、泣けてきた。本当にしょうもない人間だと思う。

以前から、人に嫉妬して落ち込む事が多かった。ただここ数年は悪化しており、実在の人物・架空の人物を問わず、自分より優れた点を見つけると、その相手を意識に入れる事が耐えられなくなってしまった。
例えば、作家が日々の生活の愚痴をエッセイとして出していても、著者経歴を見て有名大学の名前を見つけたり、エッセイ内でさらっと友人の多さや立地の良い自宅の様子を書いていたりすると、もう、つらくて読めなくなる。愚痴がありつつも、なんだかんだ恵まれているじゃないか、しかも、そもそも愚痴をお金を出して買ってくれる人がたくさんいるから、この人は愚痴を本に出来、書店に並べてもらえるまでになっている。なんて「持っている人」なんだろう、という具合に。
これでは、多くの娯楽を楽しめなくなるし、他者との交流も当然、楽しめない。とにかく、他人という存在に触れるもの全てを遠ざけてしまうのだ。
実際に、私はしばらく私生活が見えるSNSや書籍は避けている。ひたすら、一部のゲーム実況や食事動画を見て、あるいは1人でMinecraftやシンプルなブラウザゲームをして、心を落ち着かせている。それくらいしか、今は余暇の楽しみ方が見つからないし、他の現実逃避方法を知らない。

家族にも申し訳ないので、こんなことは匿名のネットでしか書けない。
現実問題として、家はいずれは決めなければならない。たとえ希望条件に合っていなくても、何かを妥協して、決めなければならない。それが情けなく、苦しい。
こういう時に、妥協しなくていい、あらゆる面で力を持った人間になりたかった。こんな後ろ向きで、ひねくれていて、弱い人間にはなりたくなかった。
どうしたら現実を受け入れられるのだろう。いつものことだが、ネットには悩みの声や、体裁だけきれいで何の役にも立たないお悩み解決サイトは見つかるが、解決策は見つからない。どうやって乗り越えたらいいのだろう。

【今日やったこと】2022/5/9【日記】

今日やったこと

  • 家事(食器洗い、掃除機かけ、洗濯物片付け)
  • ブログを書く(本記事、下書き記事1本修正)
  • 仕事

思った・考えたこと

前回書いた日記から、3か月近く経っていた。仕事が始まると、業務時間中はゆっくりと感じる時の流れも、数か月単位だとあっという間に感じる。そして、やはり仕事をしている生活では、ブログのような頭を使い、時間も使う行動からは遠ざかってしまいがちだと、改めて証明された。前の仕事をしていた時も、同じように、ブログの更新が滞っていた。

本当は、ブログを含め、やりたいことがたくさんあった筈なのだが、「やりたいこと」はいつの間にか「やらなきゃならないこと」に変わっている気がする。先のGWも含め、私は、いつも時間を有意義に使わねば、「やりたいこと(やらなきゃならないこと)」をやらねば、と考えてしまう。もっと余裕をもって、日々を送りたい。いつも、同じことを考えている気がするけれど。

 

【やったこと】ずっとやりたかった歯列矯正を始めた

歯列矯正を始めた

今日、契約締結前の資料取り(レントゲン、歯の型)をしてきた。冒頭で問診があり、先生から「始めようと思ったきっかけはありますか?」と質問があった。私は、もともと子供の頃から長年願っていたことです、と答えた。大袈裟でなく、本気で、悲願とか、長年の夢、と言い換えても過言ではない。

歯列矯正をしたかった理由(現在の私の状態)

記録記事初回から恨み節を書くのも暗いかと躊躇したが、リアルでは話せないことなのでぶちまけようと思う。正直、もし私に子供がおり、歯列矯正が必要そうな歯並びになったら、絶対に子供のうちに、困らないうちに、やってあげたいというか、絶対やることだ。長年悩まされている、現在の私の状態は次の通りである。

  • 歯並びがガタガタで見た目が悪い
  • 歯磨きがしづらい
  • 虫歯になりやすい

見た目の悪さは、子供の頃、真っ先に気になったことだ。同級生に歯並びを指摘されたり、からかわれた経験は幸いにも無かった。しかし、自分でもいまだにきっかけが分からないのだが、いつからか、笑うことを躊躇するようになり、写真では口を閉じ、笑ってしまう時は口元を手で隠すようになっていた。

毎晩の歯磨きを丁寧にやると、30分(歯磨き・フロス・マウスウォッシュすべて含む)はかかっている。歯磨きがしづらいと、毎日が物凄く億劫でサボってしまうこともあった。その結果、ただでさえガタガタの並びで食べかすが残りやすいのに、サボってしまうせいで、余計に虫歯ができやすい、悪循環に嵌まっていた。

しかし、サボりを反省し生活を改め、真面目に30分かけて毎晩歯磨きしても、定期健診に行けば「磨けていませんね」「虫歯ありますね」と言われた時の、徒労感は絶望感と等しかった。毎朝毎晩、何があっても、疲れていても、丁寧に、時間をかけて、欠かさずに、歯を磨く。磨きづらくても関係ない。とにかく磨け。見た目が悪くても虫歯ができやすくても。リアルではいい大人だから、決して漏らせない本音だが、正直、(歯列矯正に限らずその他諸々の事情も含むが)矯正をしてくれなかった配慮の足りない親には恨みがあり、高みから完璧な歯の管理を淡々と指導してくる歯医者は大嫌いだった。

1回だけ、子供の頃に、親に連れられて矯正歯科へ見積相談に行った。帰りの車内で親から言われた、「大人になったら自分で頑張って」という言葉を聞いた瞬間の猛烈な悲しみと驚き、親への信頼が暴落していく感覚は、今でも覚えている。クラスメートには、何人か、歯列矯正をしている子がいた。子供ながら、格差の存在をそこで察してしまい、とてもみじめな気持ちになった。
子供の歯列矯正は、早いうちからやらないことによる、精神的・健康的な悪影響が大きく、経済的な負担も子供に抱えさせることになるのだと、私は思っている。

日常生活に支障はない。しかし、歯並びが悪い、それだけで充分に

ネットの情報によれば、私は口は閉じられるし、食事も問題なく噛めるので、日常生活に支障はないレベル、らしい。しかし、自分の見た目が、歯磨きが、頻発する虫歯と毎朝毎晩の徒労感に包まれる時間が、それらから生まれる苦痛が、日常生活に支障を感じるには充分である、と思う。日常生活には支障なしだって?何故こんなにも苦痛をもたらす現象の治療が保険適用外の高額なものとなっているのか、私は正直声を大にして、馬鹿なのかと言いたい。歯並びが悪い人の感じる苦痛の数々を安く見積もってやしないかと思う。

歯列矯正をしなければ、虫歯になりやすいままなので、近い将来、歯を失う可能性がある。また、歯並びの悪さは、これまで指摘してくる人に運良く会わなかっただけで、ネットでは信じがたい暴言を見かけることもあった。つまり、長年続いている数々の苦痛と屈辱から解放され、将来の不安を少しでも取り除くためには、私は一刻も早く歯列矯正をしたかった。それが今年、やっと叶うこととなった。

【Minecraft】突然の恐怖【プレイ日記】

イクラをプレイしていると、突然の恐怖がしょっちゅう降りかかる。ビビりの私は、実際に悲鳴を上げてしまうことも少なくない。
ということで、本記事では、今まで経験した恐怖の瞬間について書いてみた。

水たまりに落ちる

イクラを初めて間もない頃、散策していたら突然、水たまりに落ちて大パニックになったことがある。今と違い、ピースではなくイージーでプレイしていたので、これは死ぬ!!と、現実にプールで溺れかけた時の恐怖とそれほど遠くない恐怖に襲われた。水中にいる状態では、ブロックを掘って破壊する速度も、通常時よりずっと遅くなる。だから、脱出できる取っ掛かりを求めてその辺を掘っているうち、どんどん酸素が無くなってしまう。当時、何度死んだかはもう覚えていない。
以来、ピースに移行して死の心配は不要になっても、散策中は足元に注意するようになった。

水たまりは突然出現する。分かりやすく広い水たまりだけでなく、段差を乗り越えた先に1マスだけ穴が開いていて、その中に水たまりがある、なんてケースもあった。

f:id:uosansan:20220213180412p:plain

粘土入りの水たまりは嬉しいけれど

渓谷に落ちる

のんびり楽しく探索していて、まさか小高い場所を乗り越えた先に、パックリ裂け目があるとは思わないじゃないですか(初期はそうだった)。ピースでプレイしていても、このゲームはそれほど気が抜けないと知った瞬間だった。また、死ぬという結果は変わらないのに、落ちた先がマグマ海だった場合は、近づく赤い揺らめきを呆然と見ている間、ただの地面だった場合とは違う恐怖がある。

f:id:uosansan:20220213180213p:plain

イクラの地形生成って、どんな仕組みなんだろう

1ブロック下に空洞

自分の立っている大地が薄皮1枚だった、ということがよくある。最近は足元を掘るなんて危ない行為はしなくなったが、初期はうっかり掘って転落死していた。
真下に空洞があったとしても、せめて浅い洞窟であってほしい…

f:id:uosansan:20211222185007p:plain

鉄につられて死にかける

 

暗闇の中のキノコ

なんか不気味。

f:id:uosansan:20220213174741p:plain

特に赤いキノコはビクッとする

ドアを開けたらクリーパー

ピースに移行した遠因。

ピースで洞窟探索中に動く何か

何かは大抵の場合、行商人とラマか、コウモリ。稀に、地上から迷い込んできたらしい、豚などがいたりする。

f:id:uosansan:20220213173329p:plain

どこでも商売する素晴らしい商人魂